支援

宿泊・飲食業など40業種を追加指定:中企庁が新型コロナで支援策

2020年 3月 5日

経済産業省中小企業庁は、新型コロナウイルス感染症の影響を受けている中小企業の業況が悪化していることを踏まえ、旅館・ホテル、食堂、レストラン、フィットネスクラブなど40業種をセーフティネット保証5号の対象業種に追加指定した。資金繰りを支援するためで、これにより一般保証と別枠の保証が利用可能になる。

セーフティネット保証5号は、売上高が減少している中小企業・小規模事業者の資金繰り支援措置として、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の80%を保証する制度。さらに今回の影響の重大性を受け、認定基準の運用緩和も行う。

詳しくは経産省のホームページ。