支援

下請け取引で配慮要請:新型コロナウイルスで経産省

2020年 3月 11日

経済産業省は新型コロナウイルス感染症により影響を受けている下請事業者との取引について、親事業者に対して一層の配慮を要請した。納期遅れの対応や迅速・柔軟な支払いなどについて1142の業界団体を通じて要請したほか、今後、他省庁所管の業界団体342に対しても主務大臣との連名で順次要請していく。

要請内容は(1)納期遅れへの対応(2)適正なコスト負担(3)迅速・柔軟な支払いの実施(4)発注の取消・変更への対応—の4項目。すでに下請事業者から経産省に対して、親事業者が十分に協議することなく、納期の遅れを理由とした一方的な取引停止や適正なコスト負担を伴わない短納期発注などの行為を受けた旨の相談が寄せられている。

詳しくは経産省のホームページへ。