支援

大阪府 休業支援金5月連休明け交付目指す

2020年 4月 22日

大阪府は、施設の使用制限による休業要請を受けて、特に深刻な影響を被っている中小企業・個人事業主に休業要請支援金を交付する予定。市町村と連携して中小・零細企業には100万円、個人事業主には50万円を上限に交付する。

5月の連休明けに支給できるように制度設計を進めている。休業要請対象施設は、キャバレー、ナイトクラブ、劇場、展示場、学習塾、土産物店など。

他方、吉村洋文知事は自身のツイッターで、休業を個別に要請しても、なお応じない施設の名称を公表することについて言及している。

関連リンク