支援

広島県 最大50万円の支援金

2020年 4月 22日

広島県は、4月22日から5月6日までの緊急事態措置期間中に、休業などの要請に全面的に協力した個人事業主を含む中小企業者に支援金を支給する。

雇用者がいる事業者は雇用を維持することのほか、緊急事態措置期間を含む期間に国の雇用調整助成金を利用することなどを要件としている。申請は4月30日から受け付ける。

対象者区分 (支給要件) ・支給額は、以下の通り。

◇雇用者がいる中小企業者の場合
・食事提供施設以外(休業かつ雇用の維持)⇒ 30万円(2店舗以上有する事業者50万円)
・食事提供施設(休業かつ雇用の維持)⇒ 30万円(2店舗以上有する事業者50万円)
・食事提供施設(営業時間の短縮)⇒ 10万円(2店舗以上有する事業者15万円)

◇雇用者がいない中小企業者の場合
・食事提供施設以外(休業)⇒ 20万円
・食事提供施設(休業)⇒ 20万円
・食事提供施設(営業時間の短縮)⇒ 10万円

要請・依頼に協力した事業者は、施設名をホームページで紹介する。一方、支給後に条件などを満たしていないことが分かった場合は、返還義務が生じるとしている。

詳しくは、県のホームページで。

関連リンク