支援

千葉市がテレワーク推進事業を発表:宿泊施設や利用者の経費を補助

2020年 4月 23日

千葉市は4月22日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークプランを実施する同市内の宿泊施設に対し、1事業者あたり30万円を上限に、施設内外の消毒や清掃、衛生対策のための消耗品や備品の調達等に必要な経費の4分の3を補助すると発表した。同時に千葉市内に住んでいるか、勤めている人が市内の宿泊施設のテレワークプランを利用する場合も1回1日あたり3000円を上限に補助する。県外に住んでいる人も千葉市内が勤め先なら対象になる。

詳細や申請開始日は決定次第、同市のホームページで発表する。テレワークは4月中旬までに経団連加盟企業の97.8%が実施するなど大企業のほとんどが体制を整えているが、中小零細企業や個人事業者は導入が進んでいない。千葉市は事業者向け臨時相談窓口=043-245-5898で、中小企業診断士等によるテレワーク導入のアドバイスも行っている。

詳しくは千葉市のテレワーク推進事業から。

関連リンク