支援

山形県支援金 当初の一律10万円から倍増

2020年 4月 24日

山形県は、営業自粛などに協力する個人事業者に10万円、法人に20万円を支給する緊急経営改善支援金制度を創設した。個人事業者が施設などを賃借している場合は20万円を支給する。

4月16日の山形県新型コロナウイルス感染症に係る危機対策本部第8回本部員会議で取り決めた、対象者の経営規模を問わない一律10万円の支給から増額して県内事業者を支援する。

県は、「ゴールデンウィーク期間中の企業等に対する営業自粛の要請」として、特措法第24条第9項に基づき、4月25日から5月10日まで企業などに営業自粛を要請している。同条項に当てはまらない施設などについても、特措法によらず営業自粛などに協力を要請するとしている。

支援金の申請方法については、後日ホームページで公表する。申請開始時期は、要請期間後の5月11日以降を予定している。

営業自粛要請の対象となる施設などの情報は、県のホームページで。

関連リンク