支援

防護服の生産設備に補助金:経産省が公募開始

2020年 4月 24日

経済産業省は防護服、ガウン、エプロン、ディスポーザブル手袋、ゴーグル、フェイスシールドなどの生産設備を新規導入・増強する企業を助成する「防護服生産設備導入支援事業」の公募を始めた。新型コロナウイルス感染症の拡大により、国内で不足が懸念されている防護服などの安定的な供給量を確保するのが目的。公募期間は5月1日まで。

生産ラインごとに、補助率は中小企業者が補助対象経費の4分の3以内(中小企業者以外は同3分の2以内)で、補助額は上限3000万円。特に成形から不良品検知、包装まで一貫して生産し、他社に比べて生産量や出荷までの早さが優れ、必要人数が少ないといった高性能の先端生産設備を導入する事業については、補助上限額を2億円(ただし3000万円を超えた場合、補助率は一律4分の1以内)とする。

詳しくは経産省のホームページへ。

関連リンク