支援

セーフティネット保証5号を全業種に拡大:コロナ対策で中企庁

2020年 5月 7日

中企庁は新型コロナウイルスで経営に支障が生じている中小企業への資金供給円滑化のため、信用保証協会が通常の保証限度額とは別枠で80%保証を行う「セーフティネット保証5号」の指定を全業種に拡大した。適用期間は令和2年5月1日から令和3年1月31日まで。

セーフティネット保証5号とは、信用保険法第2条第5号のこと。民間金融機関が需要減少や事業活動の支障に瀕している中小企業者に経営安定資金として融資を行う際、信用保証協会が一般保証とは別枠で融資額の80%までを保証する制度。補償限度額は2憶8000万円。コロナで打撃を受けている中小企業のため、民間機関は中小企業に対し、実質無利子・無制限、据置最大5年の融資を行うことが認められている。

詳しくは中企庁のホームページから。

関連リンク