支援

神奈川県協力金 一律10万円上乗せ

2020年 5月 11日

政府の緊急事態宣言の延長に伴い、神奈川県は当初休業を要請しなかったにもかかわらず自主的に休業した事業者がいることに配慮し、休業協力金を追加支給する。

前回の支給で念頭に置いていた家賃補助については、国が新たな支援策を表明していることから支給名目から外し、今回は一律10万円を上乗せする方針。

10万円の追加支給で事業者には不十分なことを承知している黒岩祐治知事は、5月5日付けの動画メッセージで、財源に関して「国から交付金を貰おうと頑張っているが、交付金を貰えなくても、県の財政調整基金という貯金を切り崩してでも応えたい」と述べたうえで、休業継続に協力を求めた。

申請は、第1弾の協力金支給終了後、速やかに受け付ける予定。申請方法などは、6月上旬にホームページなどで発表する。

詳しくは、県のホームページで。

関連リンク