支援

ジェトロがスタートアップのオンライン支援本格化

2020年 5月 13日

ジェトロ(日本貿易振興機構)は、オンラインで日本発のスタートアップ企業を海外ベンチャーキャピタル(VC)などに売り込む「オンライン海外プロジェクト」を始める。積極的な投資機会の提供で、新型コロナウイルス感染症の影響を受ける日本発スタートアップの成長を支援する。

4月に開催した香港VC約20社とスタートアップ6社によるオンラインマッチングで高評価を得たことを機に、オンライン支援事業を本格化するもの。

26都市のジェトロ・グローバル・アクセラレーション・ハブ(JGAH)が実施するメンタリングと、継続的に企画するマッチングで構成している。

メンタリングでは、新たなソリューションを提供しようとするスタートアップに、各地で提携しているメンターが事業戦略立案やパートナー探しなどの支援を無料で提供する。

マッチングは5月13日時点で、6月にカナダ・トロントで開催するカンファレンスまで企画している。

詳しくは、スタートアップ支援課のホームページで。

関連リンク