支援

新型コロナのマル経融資、3年間実質無利子に:中企庁で検討中

2020年 5月 15日

新型コロナウイルス感染症の影響で最近1ヵ月の売上高が前年または前々年の同期に比べ5%以上減少している小規模商工業者は、日本政策金融公庫の「マル経融資」が通常の融資条件よりも優遇され、当初3年間、実質無利子になる見通しだ。現在、手続きの詳細を詰めており、固まり次第中小企業庁のホームページで公表される。

マル経融資は商工会議所や商工会などの経営指導を受けている小規模な商工業者が、経営改善に必要な資金を無担保・無保証人で利用できる制度。事業資金として最大2,000万円まで利用でき、返済期間も運転資金7年以内、設備資金10年以内と余裕があり、利用しやすい公的融資だ。

新型コロナ感染症特別関連融資はこの通常の融資額に別枠で1000万円がプラスされる。さらに対象者は別途決定される実施機関から特別利子補給制度により利子補給され、当初3年間が実質無利子になる。

詳しくは日本公庫のホームページから。

関連リンク