支援

感染症対策技術・製品に補助金:ノーステック財団

2020年 5月 18日

公益財団法人北海道科学技術総合振興センター(ノーステック財団)と札幌市は、新型コロナウイルスを含む感染症の治療や予防分野で新たな技術・製品の開発を目指す札幌市内の中小企業を支援する「感染症対策医療・予防関連開発補助金」の公募を開始した。補助金額(限度額)は1000万円以内で、補助率は補助対象経費の10分の10。応募の締め切りは5月28日。

対象となる研究開発は、例えば創薬、検査キット、感染症作用機序解明抽出・分析機器など感染症の治療に向けた開発や、ワクチン、予防製品、流行予測システムなど感染症の予防に向けた開発。共同研究グループを構築する場合、共同研究グループは札幌市外も可とし、共同研究グループに大学、試験研究機関を含むのも可とする。同財団の審査委員会で審査し、6月下旬をめどに採否を内定する予定だ。

詳しくはノーステック財団のホームページへ。

関連リンク