支援

マスク生産や遠隔サービスに補助金:静岡県

2020年 5月 18日

静岡県は「中小企業等危機克服チャレンジ支援事業費補助金」の募集を始めた。マスクや消毒液などの生産に取り組む県内企業向けの「マスク等生産設備導入事業」と、非接触・遠隔を実現する新たなビジネスモデルに挑戦する県内企業などに向けた「業態転換・新サービス展開事業」の2種類を用意した。応募期間はいずれも5月29日まで。

マスク等生産設備導入事業は、不織布マスク、サージカルマスク、医療用高機能マスク、医療用高機能ガウン、フェイスシールド、医療用防護服、消毒液などを新たに生産するための設備を導入する事業が対象。補助率は事業費の4分の3以内で、補助上限額は1000万円(下限額75万円)。

業態転換・新サービス展開事業は例えば、(1)ITを活用した非接触・遠隔の子育て支援サービスへの展開(2)空き時間を利用したIT活用による効率的な買い物、配達代行サービスへの進出(3)飲食業における店舗経営からオンラインデリバリーサービス専門への転換—などが対象。補助率は事業費の3分の2以内で、補助上限額は200万円(下限額50万円)となる。

詳しくは静岡県のホームページへ。

関連リンク