支援

新型コロナ被害の林業・木材事業者に貸付保証:農林漁業信用基金

2020年 5月 19日

農林漁業信用基金は新型コロナウイルス感染症で被害を受け事業継続が困難な林業・木材事業者向けに金融機関に対し「林業・木材産業災害復旧対策保証」を行う。通常の補償限度額とは別枠で、借入金に対し8000万円を限度に保証する。

取引先の休業などで3カ月間の売上高が前年同期比5%以上減少している事業者は80%を保証、同15%減少の事業者は100%を保証する。従業員罹患など直接的な影響を受けている事業も100%保証される。

保証期間は運転資金が5年以内、設備投資が15年以内。返済は一括も分割も可能だ。金利は金融機関所定の利率になるが、市町村の利子給付制度を活用できる場合もある。

申し込みは取引先金融機関へ。問い合わせなど詳しくは同基金のPDFから。

関連リンク