支援

施設改修や設備補修に補助金:岡山県

2020年 5月 26日

岡山県は企業活動が縮小しているこの機を利用し、施設の改修や止めている機械の点検、作業指示書の見直しなど行い、再起に向けた取り組みを支援する「生産性・おもてなし向上推進事業補助金」の募集を始めた。新型コロナウイルス感染症の影響により2月~5月のいずれか1カ月の売上高が前年同月比15%以上減少した県内中小企業が対象。補助金事業は4種類あり、6月12日まで募集する。

新たな設備を導入することで生産性向上に取り組む「設備導入型生産性向上支援事業」は、補助限度額が800万円で、補助率は3分の2以内。既存設備のメンテナンスやオーバーホールで生産性向上に取り組む「補修・メンテナンス型生産性向上支援事業」は、補助限度額が200万円で、補助率は中小企業が2分の1以内、小規模事業者が3分の2以内。

宿泊施設の外観改修や客室・トイレの洋式化などの魅力向上に取り組む「宿泊施設リノベーション支援事業」は、補助限度額が1000万円で、補助率は4分の3以内。業務の工夫や技術指導などによる生産性・おもてなし向上に取り組む「生産性・おもてなし向上推進支援事業」は、補助限度額が100万円で、補助率は3分の2以内。

詳しくは岡山県のホームページへ。

関連リンク