支援

持続化給付金に最大1000万円上乗せ:高知県

2020年 8月 20日

高知県は国の「持続化給付金」を受けた県内中小企業・個人事業者に対して、従業員数や社会保険料の負担額に応じて給付金を上乗せする「新型コロナウイルス感染症対策雇用維持特別支援給付金事業」の公募を始めた。給付金の上限額は1000万円。2021年2月10日まで申請を受け付ける。

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、国の持続化給付金を受けてもなお経営状態が厳しい事業者に対して、事業継続と雇用維持を図るため、固定費のうち人件費に着目した給付金を支給することにした。給付額は県内施設(店舗)に勤務する従業員数と社会保険料(事業主負担相当分)の納付額に応じた額となる。

詳しくは高知県のホームページへ。

関連リンク