支援

サテライト新設に賃料補助:宮城県が企業・大学向け

2020年 8月 27日

宮城県は新たに県内にテレワーク実施場所を設ける企業・大学に対し「仕事場」と「住居」の賃料の一部を補助する「宮城県サテライトオフィス設置推進補助金」を創設、公募を始めた。補助上限額は仕事場が月10万円、住居は同4万円で、補助率は所在市町村別に3分の2または2分の1。募集期限は2021年1月29日で、予算に達した場合は終了する。

対象となるのは、本社・支社・営業所・工場・キャンパスなどが東北6県内になく、8月1日以降にテレワークの実施場所を宮城県内に設ける企業・大学、およびそれらの正職員。企業は業種を製造業、情報通信業、運輸業、卸売業、専門サービス業に限定する。2021年2月分までの賃料が対象となる。仕事場と住居の併給や1人のみでも申請が可能だ。

詳しくは宮城県のホームページへ。

関連リンク