支援

リモートワーク拠点に最大2500万円:秋田県

2020年 9月 3日

秋田県はリモートワークの急速な普及を踏まえ、首都圏などの企業の社員が利用する「リモートワーク推進拠点」を県内で新たに整備する県内企業を支援する「リモートワークで秋田暮らし・推進拠点整備事業費補助金」の公募を始めた。補助率は経費の2分の1以内で、上限額は2500万円。9月18日まで募集し、2件程度を採択する予定だ。

リモートワークを活用し県内への移住者を増やすのが狙い。「施設整備に係る事業計画書」に加え、移住者を拡大させる「人材誘致計画」を作成した上で申し込む。補助対象経費は改修工事、実施設計、施工監理、備品購入経費。書類審査や現地調査を踏まえ、9月29日に企業が出席して事業説明、審査員と質疑応答する審査委員会を秋田市で開催する。

詳しくは秋田県のホームページへ。

関連リンク