支援

新商品開発などに最大500万円:富山県

2020年 9月 14日

富山県と富山県新世紀産業機構は、県内中小企業による新商品の開発や販路開拓などの取り組みを支援する「とやま中小企業チャレンジファンド事業」の第2次募集を始めた。事業は7種類を用意しており、応募できるのは1件のみ。補助上限額は25万円から500万円。補助率は3分の1から3分の2。10月1日まで応募を受け付ける。

被災時にも事業活動の継続を目指す「防災・減災対策促進」、新商品・新技術を研究開発する「ものづくり研究開発支援」、北陸新幹線の敦賀延伸などに関連した新商品・新サービスを開発する「観光ビジネス支援」、農林漁業者と連携して新商品・新サービスを開発する「農商工連携推進」、地域資源を活用して新商品・新サービスを開発する「地域資源活用」、展示会出展や広報活動を行う「販路開拓挑戦応援」、小規模企業による販路開拓、新商品開発などを支援する「小さな元気企業応援」の各事業をラインアップした。

この事業は、富山県と県内11金融機関が連携して富山県新世紀産業機構に設置した総額150億円のファンドの運用益を活用する。詳しくは富山県新世紀産業機構のホームページへ。

関連リンク