支援

ウィズコロナ時代の宿泊施設整備に補助金、第2期公募中:観光庁

2020年 10月 12日

観光庁がウィズコロナ時代に対応するため「先進的な感染症対策」や「地域と連携したビジネスモデル構築」に取り組む宿泊施設を公募している。公募は2期目で、宿泊施設ごとの個々の課題解決に向けた多様な分野のアドバイザーを派遣し、事業計画作成、関係者や金融機関との調整、設備投資プラン作成や各種調査等個々の状況に応じた取組を支援するもので、採択施設には1申請あたり500万円を支援する。締め切りは10月23日。

公募内容は(1)非接触型チェックインシステムやキーレスシステムなど先進的な感染症対策に関する取組(2)地域と連携した輸送手段の効率化など地方公共団体や商工会等の複数の宿泊施設の連携によるビジネスモデルの2種類。合計で概ね4件程度を採択予定だ。

関連リンク