支援

感染対策に最大300万円:山梨県

2020年 10月 30日

山梨県は感染症に強い社会・経済をつくるために「新しい生活様式」の推進に取り組む県内の中規模以下の事業者と宿泊事業者の機器整備を支援する「新しい生活様式推進機器購入等支援事業」の募集を始めた。中規模以下の事業者は30万円を上限に対象経費の全額、宿泊事業者は300万円を上限に同4分の3を補助する。申請期限は2021年2月28日で、予算状況により終了する場合がある。

対象となる中規模以下の事業者は、宿泊、運輸、飲食、小売、サービス業など消費者との間で日常的に決済を行う事業者。支援対象事業は宿泊事業者を含めて「キャッシュレス決済の環境整備」と「感染症予防のための備品・消耗品購入」。具体的にはキャッシュレス決済端末、非接触型体温計、空気清浄機、料理運搬⽤ワゴン、アクリル板、フェイスシールド、使い捨てスリッパ、マスクなどを例示している。

詳しくは山梨県のホームページ、特設サイトへ。

関連リンク