支援

サテライト開設に最大200万円:香川県が県外事業者向け

2020年 11月 2日

香川県は新型コロナウイルス感染症に伴う地方への関心の高まりを踏まえ、県内でテレワーク用サテライトオフィスを開設する県外事業者を支援する「県内移住による新しい生活様式に対応するためのテレワーク推進支援事業費補助金」の募集を始めた。補助率は対象経費の3分の2以内、上限額は200万円。募集期間は2021年2月26日までだが、予算額を上回れば、その時点で募集を終了する。

補助対象事業は県外の本社などで勤務する従業員が県内に移住し、業務に従事することを目的にサテライトオフィスを新設する事業。(1)サテライトオフィスの事業計画は3年間以上継続する(2)同オフィスには従業員が2人以上、県外の勤務場所から場所を変えて従事する(3)同オフィスは通信環境や備品が整備され、テレワークが可能—などが要件。

対象経費は工事費などの施設改修費、インターネット接続工事費・Wi Fi 環境整備費などの通信環境等整備費、プリンター・机などの備品購入費、住民票を香川県内に移してサテライトオフィスで従事した場合の引越費用など。

詳しくは香川県のホームページへ。

関連リンク