支援

貸切バス1台に20万円:長崎県

2020年 11月 5日

長崎県は新型コロナウイルス感染症の感染予防対策や交流人口拡大に向けた利用促進対策を講じながら事業を継続する貸切バス事業者を支援する「長崎県貸切バス事業継続等支援事業奨励金」の申請受付を始めた。2021年1月13日まで受け付ける。

奨励金の額は、貸切バス1台当たり20万円に長崎県内で保有する台数(10月1日時点)を乗じた額。対象となる貸切バス事業者は、長崎県内に本社がある、引き続き事業実施の意志がある—などが要件となる。

詳しくは長崎県のホームページへ。

関連リンク