支援

飲食店の感染対策に上限10万円:広島県

2020年 11月 5日

広島県は県内飲食店に対し、アクリル板、非接触体温計、サーキュレーターなどの感染予防対策設備の購入に必要な経費を補助する「飲食店における新型コロナウイルス感染症予防対策事業費補助金」の公募を始めた。補助額は1万円以上2万円未満が1万円、2万円以上3万円未満は2万円などで、上限は1店舗当たり10万円(店舗ごとに申請可能)。12月25日まで申請を受け付ける。

対象経費はこのほか、ビニールカーテン、防護スクリーン、パーティション、フロアマーカー、サーモカメラ、コイントレー、非接触ドアオープナー、非接触ソープディスペンサー、非接触蛇口、非接触消毒液ディスペンサー、足踏み式消毒液スタンド、セルフレジ、自動券売機、換気扇など。マスク、フェイスガード、消毒用アルコールなどの消耗品や、エアコン、空気清浄機は補助対象外。9月8日~12月25日に購入・支払いしたものに限る。

詳しくは広島県のホームページへ。

関連リンク