支援

観光業者の先進事業に最大2000万円:東京都

2020年 11月 9日

東京都と東京観光財団は「新しい日常に対応した観光事業者等の受入環境モデル発信事業」の一環として、他事業者のモデルとなる先進的な取り組みを行う観光事業者を募集・支援する。宿泊施設、飲食店、観光施設、免税店などが対象。補助率は経費の3分の2以内、 補助限度額は2000万円(下限額100万円)で、アドバイザーによる事業計画のブラッシュアップや実行支援も受けられる。募集期間は12月11日まで。

対象となる事業は、新型コロナウイルスの感染防止だけでなく生産性向上にも資する先進的な取り組み。具体的には、宿泊施設における入退室や精算のオペレーションの自動化・非接触化、観光施設における時間指定チケットの事前予約、混雑状況表示システムの導入、オンラインでの事前注文・受取システムの導入—を例示している。補助対象期間は2021年3月1日~2022年2月28日。

詳しくは東京都のホームページへ。

関連リンク