支援

移住者・県民の正社員雇用に1人30万円:山形県

2020年 11月 11日

山形県は新型コロナウイルス感染症の影響により首都圏などから移住した人や、離職を余儀なくされた県民および移住者を正社員雇用する県内事業者を支援する「山形県正社員雇用促進奨励金」を創設した。移住者に対する支援金額は、Uターン者が20万円、Iターン者などは30万円。事業者に対する奨励金額は、正社員1人当たり中小企業が30万円、大企業は10万円。

対象となる移住者は、9月11日以降に東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、愛知の各都府県から県内に移住し、11月1日~2021年1月31日に正規雇用され、1カ月以上継続して勤務している人。対象となる事業者は、同期間内に移住者や県民の雇用を開始し、1カ月以上継続して雇用していることなどが要件。雇入れ日の1カ月後から2021年3月1日までに申請する。

詳しくは山形県のホームページへ。

関連リンク