支援

リゾートテレワークに支援金:長野県

2020年 12月 15日

長野県は信州のリゾート地に滞在し、仕事をしながら休暇を楽しむ「ワーケーション」を実践する企業に対して、県内宿泊費を補助する「信州リゾートテレワーク実践支援金」の募集を始めた。支援金額は1~2泊目が1人泊当たり2000円、3~7泊目が同3000円。支援対象期限は2021年3月1日チェックアウトまでの宿泊分(年末年始は除く)となる。

支援対象者は長野県外に拠点を有する民間企業・団体・個人事業主。県内に3連泊以上滞在する(複数の宿泊施設を組み合わせることも可)、宿泊旅行代金が1人泊当たり1万円以上—が要件。Go To トラベル事業との併用も可能だが、1人1回の旅行当たりの連泊数は7泊が上限となる。

詳しくは長野県のホームページへ。

関連リンク