支援

3次補正の概要発表:経産省

2020年 12月 18日

経済産業省は12月15日に閣議決定された「2020年度第3次補正予算案」の経済産業省関係資料をホームページで公表した。中小企業の資⾦繰り⽀援策として8391億円を計上したほか、中⼩企業の新分野展開や業態転換を⽀援する「中⼩企業等事業再構築促進事業」に1兆1485億円、感染防⽌と⽣産性向上を両⽴するビジネスモデルへの転換を促す「中⼩企業⽣産性⾰命推進事業(特別枠)」に2300億円を盛り込んだ。

資金繰り支援では、⺠間⾦融機関を通じた実質無利⼦無担保融資を2021年3⽉まで実施。経営改善や業態転換に係る新たな信⽤保証制度や⽇本公庫の融資制度を創設・拡充する。 中⼩企業等事業再構築促進事業では、特に中堅企業に成⻑する中⼩企業について補助上限額を1億円に引き上げる。

このほか、生産体制の国内回帰や海外⽣産拠点の多元化に役立つ設備投資を⽀援する「サプライチェーン強靱化・多元化」に2225億円、地域活性化や需要喚起を⽬的とする商店街イベントを支援する「Go To商店街事業」に30億円を計上した。

詳しくは経産省のホームページへ。

関連リンク