支援

新製品開発などに最大200万円:徳島県

2021年 1月 5日

徳島県ととくしま産業振興機構は、新型コロナウイルス感染症の収束後を見据えた県内中小企業の新事業展開を支援する「とくしま経済飛躍ファンド(「LED×藍」産業応援枠、地域資源産業応援枠)助成事業」の募集を始めた。助成率は事業内容により2分の1~4分の3以内で、助成額は同50万円~200万円以内。募集期間は2月12日まで。

このうち「LED×藍」産業応援枠は、LEDや藍を活用して新商品の開発や販路を開拓する事業が対象。特に県内で開発・生産された殺菌・生産性向上機能を持つ次世代LEDを活用した事業に対して重点支援する。一方の地域資源産業応援枠は、地域資源を活用した新商品開発や販路開拓に加え、創業支援、人材育成、地域活性化事業が対象となる。

とくしま経済飛躍ファンドは国、県、地域の金融機関などが計131億円を出資して組成。このファンドの運用益により、とくしま産業振興機構は県内中小企業の新商品開発や販路開拓の取り組みに対して助成している。

詳しくは、とくしま産業振興機構のホームページへ。

関連リンク