支援

コロナ緊急事態で窓口営業時間を短縮、午後4時30分まで:東商

2021年 1月 18日

新型コロナウイルス感染拡大に対する政府の緊急事態宣言を受け、東京商工会議所が感染拡大防止のため2月7日まで、窓口の営業時間を平日午前10時30分から午後4時30分までに短縮している。

また電話対応時間は共済センターが平日午後10時30分から午後4時、福利厚生支援センターは同午前10時30分から正午、午後1時から4時30分。

本部・中小企業相談センターは平日午前9時30分から午後5時、証明センターは同午前9時30分から正午、午後1時から5時で、従来通り。相談窓口によって営業時間が異なるので注意が必要だ。

詳しくは東商のホームページから。

関連リンク