支援

酒提供飲食業に最大30万円:山形県

2021年 1月 20日

山形県は新型コロナウイルス感染者の急増により、厳しい経営状況にある酒類を提供する夜間営業の飲食店と運転代行業に対して県独自の「山形県飲食業等緊急支援給付金」を支給する。給付金額は1事業者当たり20万円で、県内で複数店舗を経営または単独店舗でも従業員6人以上の事業者は30万円。2月26日まで申請を受け付ける。

給付金の対象者は、県内の中小企業・小規模事業者・個人事業主。通常営業で夜9時以降も営業している、酒類を提供している、2020年10~12月のいずれかの月の売り上げが前年同月比30%以上減少している、感染症拡大防止ガイドラインによる対策を実施している、今後も事業を継続する—が要件。

詳しくは山形県のホームページへ。

関連リンク