支援

感染対策に最大200万円:東京都

2021年 1月 20日

東京都と東京都中小企業振興公社は、都内中小企業による感染防止対策を支援する「中小企業等による感染症対策助成事業」の募集を始めた。今回募集から消毒液やマスクといった消耗品の共同購入も対象に加えた。助成率は3分の2以内で、助成限度額はサーモカメラなど備品購入が50万円、内装・設備工事を含む場合は100万円、換気設備の設置を含む場合は200万円、消耗品の共同購入は30万円。2月26日まで申請を受け付ける。

新しい支援事業では、単独申請による備品購入、内装・設備工事と、3者以上の中小企業の共同申請(中小企業団体は単独申請も可)による消耗品の共同購入の2コースを設定。単独申請はサーモグラフィー・サーモカメラ・CO2濃度測定器などの購入や換気扇・網戸・自動水栓などの設置工事、共同申請は消毒液・マスク・フェイスシールド・使い捨て手袋・アクリル板などの購入が対象となる。

詳しくは東京都、東京都中小企業振興公社のホームページへ。

関連リンク