支援

新潟県の中小企業へコロナ禍をトリプル・フォロー:大光銀行、日本公庫、中小機構

2021年 1月 25日

大光銀行(新潟県長岡市)は1月25日、日本政策金融公庫、中小機構と連携し、新型コロナウイルス感染症の影響を受けた中小企業者を支援する新商品「Triple Follow(トリプル・フォロー)」を発表した。日本公庫の新型コロナ対策資本性劣後ローンを活用して協調融資を行う連携ローン商品で、資金調達、財務体質強化、事業の継続・発展の3つの支援が期待できる。

日本公庫の新型コロナ対策資本性劣後ローンは、金融検査の際に自己資本とみなされるので、大光銀行の融資と組み合わせれば、財務体質強化を図りつつ資金調達を行うことができる。希望に応じて事業計画の策定や経営課題の解決に長じた専門家派遣も受けられる。

販売対象は、コロナ禍で経営が深刻な影響を受けているにも関わらず、事業計画を策定し、事業の継続・発展を図ろうとしている新潟県内の中小企業者。事業運営や設備資金は原則無担保・無保証で、融資金額や期間は相談の上決定する。

詳しくは中小機構のホームページから。

関連リンク