支援

感染対策に最大150万円:山梨県が飲食・宿泊業向け

2021年 1月 27日

山梨県は新型コロナウイルス感染症に強い社会・経済をつくるため、県内で飲食業や宿泊業などを運営する小規模事業者の設備改修⼯事を支援する「新しい生活様式推進設備改修補助金」の募集を始めた。補助率は対象工事費の4分の3以内で、補助上限額は150万円。交付申請の提出は2月28日まで。

対象事業者は、飲⾷業を営む施設(常時使⽤する従業員が5⼈以下)、宿泊業を営む施設(同20⼈以下)、ワイナリー・酒蔵で試飲または工場見学などの集客を行う設備を有する施設(同5人以下)。補助対象となる設備は、換気設備、パーティション、自動扉、自動水栓、トイレの洋式化、換気設備機能内蔵エアコン、窓、人感センサー付き照明など。

詳しくは山梨県のホームページへ。

関連リンク