支援

宿泊施設の感染対策に最大500万円:茨城県

2021年 9月 1日

茨城県は新型コロナウイルス感染拡大防止対策に取り組む県内宿泊事業者を支援する「茨城県宿泊事業者感染対策支援事業費補助金」の申請受付を始めた。補助率は対象経費の2分の1、補助上限額は1施設あたり500万円。9月30日まで郵送とオンラインで申請を受け付ける。

補助対象経費は、マスク、遮蔽用アクリル板、フロアマーカー、換気扇、サーキュレーター、二酸化炭素濃度測定器、手指消毒用設備(自動、足踏み式)、紫外線照射装置、非接触体温計、使い捨てアメニティ用品(コップ、食器類、スリッパなど)、一人鍋、一人皿、キャッシュレス決済端末、セルフレジ、センサー付き蛇口・照明、自動開閉式便座、ワーケーションスペースの増設、無線LAN整備・防音加工工事などを例示している。

詳しくは茨城県のホームページ、特設サイトへ。

関連リンク