支援

テレワークプラン提供の宿泊業者への補助金新設:岐阜市

2021年 4月 27日

岐阜市は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向け、旅館・ホテルの客室をテレワークの場所として提供する貸室プラン(テレワークプラン)を市民に販売する市内の宿泊事業者に対して補助金を支給する「テレワーク推進事業補助金」を新設し、募集を開始した。補助上限額は1人・1日・1室ごとに3000円。募集は令和4年2月28日まで。

対象となるのは、令和3年度内に販売する、旅館・ホテルの客室を使ったテレワークプラン(6時~24時の利用に限る)。ただし、客室は(1)Wi-Fiなど通信設備によりインターネットの使用が可能であること(2)個人で利用できること—が条件。

支給額は、1人・1日・1室ごとに計算し、1日の利用料金が4000円以上(消費税抜き)の場合は3000円が上限。1日の利用料金が4000円未満(消費税抜き)の場合は1000円を利用者の負担とし、差額を交付する。

詳しくは岐阜市のホームページへ。

関連リンク