支援

宿泊業の経営強化に最大250万円:大分県

2021年 4月 8日

大分県は観光を取り巻く環境の変化に対応し、旅館・ホテルなどの宿泊業の経営力を強化する取り組みを支援する「大分県宿泊業経営力強化事業費補助金」の公募を始めた。補助率は2分の1以内で、補助上限額は175万円以内。ウェブサイトの作成・改修など情報発信を併せて行う場合は250万円。公募期間は5月28日まで。5月14日までに事前相談する必要がある。

補助対象事業は(1)新しい旅のかたちや人手不足への対応、労働生産性の向上など自社の課題が明確で、その解決に役立つ取り組み(2)業務改善や顧客ニーズを踏まえた取り組みにつなげるため専門家の助言や支援を受ける「アドバイザー派遣の取組」または施設や提供するサービスの新設・改善、業務の効率化や従業員教育の充実などの「新たな取組」が含まれる—などが要件。

詳しくは大分県のホームページへ。